HOME長く一緒にいるために…シニア期のワンちゃん・ネコちゃんを知ろう
  • 総合診療科
  • がん腫瘍科
  • 整形外科
  • 脳神経外科・椎間板ヘルニア
  • 消化器科・内視鏡検査
  • 循環器科・心臓病科
  • 皮膚科・薬浴・マイクロバブル
  • 歯科
  • 痛み外来
  • 予防医療
  • 健康診断
  • 高度画像診断・CT/MRI
  • 小動物診療科
  • 東洋医学・漢方治療
  • 先進医療・再生医療
品川動物医療センター  大崎動物病院
港区湾岸動物医療センター  芝浦港南動物病院

長く一緒にいるために…シニア期のワンちゃん・ネコちゃんを知ろう

大切な家族であるワンちゃん・ネコちゃんにも老いは必ず訪れます。シニア期に入ったとき、ペットクリニックに通う頻度も多くなるかもしれません。少しでも快適に過ごせるよう、老化のサインをしっかりキャッチしましょう。

ワンちゃんの老化のサイン

ワンちゃんの老化のサイン

私たちと同じように、ワンちゃんも老化が進むと代謝が落ちたり足腰が弱ったり、耳が遠くなったりしてきます。

ワンちゃんの本格的なシニア期は9歳頃から10歳で、老化のサインは以下のようなものがあります。

  • 好き嫌いが激しくなった
  • 食事の量は減っているのに太りやすくなった
  • 眠っている時間が長くなった
  • 散歩時の歩くペースが遅くなった
  • 触られると驚く
  • 呼びかけに反応しない回数が増えた
  • 口臭が強くなった

ペットクリニックへの通院で困らないように、フードを一粒ずつ与える投薬練習やオムツ練習をおすすめします。

また、外でしか排泄をしないワンちゃんには、室内トイレ練習をしておくと、いざというときに困りません。

ネコちゃんの老化のサイン

ネコちゃんの老化のサイン

ネコちゃんの老化もワンちゃんと同じように、筋力や体力の衰え、食事の量の減少などがあります。

ネコちゃんの本格的なシニア期は11歳からで、老化のサインは以下のようなものがあります。

  • 運動能力の低下
  • 毛艶が悪くなる
  • 眠っている時間が長くなる
  • 呼びかけたときの反応が鈍くなる
  • 食事の量が減る
  • 爪が伸びがちになる

ペットクリニックに通院する前に、キャリー練習をしてきましょう。安全でストレスの少ない移動のために必要な練習です。

また、ワンちゃんと同じように、フードを一粒ずつ与える投薬練習をしておくと、いざというときに困りません。

ペット保険に加入するメリット

ペット保険の加入について問われたとき、「うちの子は元気だから必要ないかも」と、先送りにしていないでしょうか。まだまだ認知度は低い保険ですが、加入しておくとシニア期に入ったときも安心のメリットがあります。それは、高額治療費の備えができること。

ご存知の通り、ワンちゃん・ネコちゃんの医療費は、全額飼い主様の自己負担です。そのため、重篤な病気にかかった場合や手術が必要な場合など、高額な治療費がかかるケースも珍しくありません。

そんなとき、ペット保険に加入していれば、治療費を一部保険金で補えるため安心です。

東京都目黒区にある目黒動物医療センターは、総合的な診療を行っている動物病院です。

健康診断や予防接種も行っていますので、東京で診察をご希望でしたらご予約ください。祝祭日を含む月曜~金曜日は、午前・午後ともに完全予約制の診療日となります。

また、グループ系列の動物病院は東京都内に3つありますので、お近くのクリニックをご利用ください。

東京のペットクリニックは総合的な診療に対応

院名 目黒動物医療センター(目黒動物病院)
住所 〒153-0064 東京都目黒区下目黒5丁目37−18
TEL 03-5720-1211
診療時間・休診日 9:00~12:00/15:00~19:00 年中無休(夏季休暇、年末年始を除く)
患者様ご来院エリア 品川区 五反田 荏原 目黒区 中目黒 武蔵小山 碑文谷
URL https://www.meguro-ah.com/