HOME小動物診療科モルモット
  • 総合診療科
  • がん・腫瘍科
  • 整形外科
  • 脳神経外科・椎間板ヘルニア
  • 消化器科・内視鏡検査
  • 循環器科・心臓病科
  • 皮膚科・薬浴・マイクロバブル
  • 歯科
  • 痛み外来
  • 予防医療
  • 健康診断
  • 高度画像診断・CT/MRI
  • 小動物診療科
  • 東洋医学・漢方治療
  • 先進医療・再生医療
品川動物医療センター  大崎動物病院
港区湾岸動物医療センター  芝浦港南動物病院

ハリネズミの診療

当医療センターではハリネズミの診察を行っております。
ハリネズミは様々な地域で生息していますが、日本で飼育されているのは
アフリカ原産のヨツユビハリネズミです。野生下では昆虫などの動物性たんぱく質を主食としています。
日本の気候と本来の生活環境が大きく異なるために、皮膚や呼吸器系等の病気が起こりやすい動物です。
近年は、愛玩動物として飼育され、寿命が延びたためか、高齢のハリネズミでは腫瘍が多く報告されるようになりました。
※対応できかねる症状もございますので、ハリネズミを受診希望の方は一度ご連絡ください。

代表的なハリネズミの病気

○皮膚の病気

① 真菌症(カビ)

もともと乾燥した地域での動物であるためか、高温多湿の日本では皮膚に真菌(カビ)が生えてしまい、皮膚のかさつき・脱毛・痒みを生じる場合があります。
抗真菌薬の塗布・内服で治療していきます。飼育環境や、幼若動物の栄養不良が原因の1つと考えられています。

 かさつきが出ており、真菌に感染している疑いのある皮膚

② ダニ

疥癬と呼ばれる、皮膚に寄生するダニによって激しい痒みが出ることがあります。
適切な駆虫薬を使うことで治療しますが、完全に駆除できるまでは2か月ほどかかる場合があります。

○不正咬合

歯の咬み合わせに異常が出て、痛み・違和感のために食欲不振になることがあります。
遺伝的な問題、フードの問題が指摘されています。
内科治療で改善しない場合、歯の長さをトリミングする必要が出てくることがありますが、麻酔をかけないと難しい場合がほとんどです。

○くしゃみ・咳などの呼吸器症状

風邪をひいてくしゃみがでたり、誤嚥・生活環境の悪化から肺炎にあることがあります。
内服薬・注射で治療をしていきます。

○目の病気

ぶつけてしまったり、口腔内の問題などにより、眼球が飛び出てしまうことがあります。
点眼や内服薬でまず治療しますが、麻酔下で眼球摘出などを考えることもあります。

 落下事故で眼球突出したハリネズミ